コナダニが大量発生!ケナガコナダニを駆除するため私がやった3つのこと!

「大量発生したコナダニの駆除方法!」

「うわっ!気持ち悪い!」先日、ふと部屋の掃除をしていると、なんだか白い小さな虫(ダニ?)が部屋の中を結構な数ウヨウヨしているのを見つけてしまいました・・・。うーー鳥肌。こいつらです↓

20160204102934

ちょっとわかりにくいんですが、赤枠で囲ったところです。写真でみるとそうでもない感じがしますが、実際見てみると結構な数います・・・。

ちなみにこれは机の中にいれていたアイロンの先端付近に”ビッシリ”とこびりついていたもので。他にも、壁や机の裏側などいろんなところにいました。また最初はよくわからなかったんですが、よーく目を凝らして見てみると、動いている・・・。

そう動いているんです!!!!

うわーーーー、もうこの時点で私の中では結構な鳥肌もんでして。で、他にも机の周辺や壁に壁にかけている服とかをみてみると、ここにもたくさんいることが判明!もう最悪ですね・・・。

で、「最初はダニ?なのかな?」と思ってネットで白い小さい虫やら色々と検索してみた結果、虫の正体がようやく判明いたしました。

 

虫の正体はケナガコナダニ(粉ダニともいうそう)

えーと、結論からいうと「コナダニ」というそうです。どアップでみるとこんなに気持ち悪いんですね↓

コナダニ

 

写真をみて気持ち悪くなった方々ごめんなさい。こんな気持ち悪いダニが家の中のあちこちにいると想像しただけで、もうゲロ吐きそうですね^^;

ちなみにコナダニは主に梅雨~秋にかけて発生するダニの一種のようで、高温多湿を好むそうです。ちなみに私がこの記事を書いている今は、1月なので冬です。ちょっと季節外れな感じがしますが、ネットでいろいろ調べていると、冬場にも結構大量発生している人が多く私と同じくお困りの人も多いみたいですね^^;

 

コナダニが発生する原因は?

 

そもそも、コナダニが発生する原因を調べてみたところ、どうやら湿度が大きく関係しているようですね。コナダニは湿度が高いところで好きなので、ジメジメした梅雨どきや冬場などで結露したりすると、大量に発生するようです。

また私の部屋はとくに冷えやすく冬場などは、ほうっておくとすぐに結露などができるので、それが原因で湿気が多く発生していたみたいですね^^;

とはいえ、このままだと本当に気持ちわるいので、早速ですが、私がコナダニを駆除するまでにやったことをこちらにまとめておきます。コナダニ駆除で困っている方がいれば、是非参考にしてみてください。

私がコナダニを駆除するためにやった3つのこと。

 

■バルサンを炊いた。
■換気をなるべく毎日多くした。
■ダニシートを設置した。

まず今回、一番最初にやったことはバルサンを炊いたことです。ネット上でもバルサンを炊くといいよ!という意見があったので、試してみたのですが、正直バルサンは一時的なものですね・・・。

炊いたばかりの頃は、コナダニをみることが少なくなりましたが、2週間ほど経つと、またチラホラとでてくるようになり、1ヶ月経つ頃には、また以前と同じようにでてくるようにしました。おそらく、バルサンは今いるダニについては駆除できるものの根本的な解決策にはならないようです・・・。

 

で、それからやったのは、部屋の換気をなるべくこまめにするようにしたことです。そもそも根本的にコナダニが発生する原因が湿気なので、・・・(とくに我が家は湿気がひどいので)できるだけ部屋が湿気ないように、窓をあける時間を増やして空気の入れ替えをするようにしました。

また、除湿機も購入し、ダニシートも買って対策を行いました。その結果、かなりの効果を得ることができました^^

 

まとめ

 

コナダニは本当に厄介ですよね。ただ、今回私が行ったように根本的な対策を行っていけば、かならず、減らせると思います。

で、今回私は最初にバルサンを炊きましたが、バルサンをたくのは、結構めんどくさいですし、根本的な解決にはならないので、それをするくらいだったら換気や除湿、または部屋の掃除をしっかりとして、普段からダニが繁殖しない環境づくりをすることが大切だと思います。

 

また、コナダニ自体は、人を刺したりアレルギーになったりすることはないようですが、コナダニが増えることによってコナダニを餌とするツメダニが増えてしまい、結果的に人に害を及ぼす可能性があるので、コナダニ対策はきちんとやっておく必要があると思います。

それにあんな小さい虫がウヨウヨいたら気持ち悪くて仕方ない・・・。

そのため、コナダニ駆除はやっておいたほうがいいですよ~。参考までに。

 

 

雨の日なのに花粉症がひどいのはなぜ?原因と理由について。

s_915fd4292af33101cdab0e0dc42b1a78

「雨なのに花粉症がひどいんだけど(´・ω・`)」

一般的に、花粉症というものは、晴れの日に強くなり、
雨の日には症状が弱くなると言われています。

それは、雨の日には花粉が飛びにくくなるからです。

しかし、雨なのに花粉症が辛い。くしゃみ、鼻水などが
悪化してしまうケースもあるのです。それは一体なぜなんでしょうか?
これについていくつかの原因を上げていきます。

「雨の日なのに花粉症がひどいのはなぜ?原因と理由について。」の続きを読む…

蛍光灯からの紫外線は危険?肌への影響について!

s_shutterstock_114794266-1

「蛍光灯からも紫外線は出ています!|д゚)」

美肌を維持する女性たちにとって、紫外線というものは、
かなりやっかいな存在ですよね。とくに、天気がいい日や夏場に
外出するときなどの紫外線対策は欠かせないものです。

「バッチリ日焼け止めを塗って、日傘をさしてもう完璧!」

・・・と思いきや、実は紫外線というものは太陽の光だけから放出
されるものではないのです。家の中にある蛍光灯や白熱灯からも
紫外線って放出されているんですよ?

「蛍光灯からの紫外線は危険?肌への影響について!」の続きを読む…

日光浴の効果が凄すぎる件について。

s_200212867-001

「日光浴の驚くべき効果ってすごいんだよ(´・ω・`)?」

日光浴といえば、一昔前まで、
かなり「マイナスのイメージがあるものでした。

とくに太陽光に含まれる紫外線を浴びすぎると、
皮膚がんになる危険性が高まったり、シワやシミが増えるなど、
肌に大きな影響を与えると言われていたのです。

しかし、近年の研究によると、日光浴は健康的な生活を送る上で
欠かせない上、様々な病気に対する治療法としても効果的で
あることが証明されています。

そこで、今回はそんな「日光浴の驚くべき6つの効果」
についてお伝えしていきます。

「日光浴の効果が凄すぎる件について。」の続きを読む…

曇りのほうが紫外線が強いのは本当?日焼けの雑学!

s_20080831135133

「曇りの日でも紫外線は強力です!」

曇りだからといって、「紫外線対策」を疎かにしていませんか?
「紫外線は晴れの日だけ降り注ぐもの」と勘違いしているのなら
それはちょっと危険です。

実は、紫外線というものは天気に関係なく、朝でも夜でも室内でも
たっぷりあなたのお肌に降り注いでいるのです。

曇や雨だからといって油断していたら、大切な大切なお肌が
いつの日かボロボロになってしまいますよ。

今回は、そんな紫外線対策にまつわる豆知識をお伝えしていこうと思います。

「曇りのほうが紫外線が強いのは本当?日焼けの雑学!」の続きを読む…