雨の日なのに花粉症がひどいのはなぜ?原因と理由について。

「雨なのに花粉症がひどいんだけど(´・ω・`)」

一般的に、花粉症というものは、晴れの日に強くなり、
雨の日には症状が弱くなると言われています。

それは、雨の日には花粉が飛びにくくなるからです。

しかし、雨なのに花粉症が辛い。くしゃみ、鼻水などが
悪化してしまうケースもあるのです。それは一体なぜなんでしょうか?
これについていくつかの原因を上げていきます。

スポンサードリンク

気圧の関係

 

最も大きな要因は、気圧にあります。
雨になり気圧が下がると、体内に「ヒスタミン」という物質が増えます。

ヒスタミンには血圧を下げる効果がある一方で、
花粉などのアレルギー物質に敏感に反応し、
花粉症などの症状をひどくしてしまう恐れがあるのです。

そのため、晴れの日よりも雨の日に花粉症の症状がひどくなって
しまう人が出てくるのですね。

 

花粉じゃなくてハウスダスト

 

また、雨の日に花粉症がひどくなるケースとして
ハウスダストが挙げられます。ハウスダスト・・・
つまり家にたまったホコリやカビなどですね。

とくに雨の日は湿度が高く、こういったハウスダストやカビにとっては
絶好のチャンス!カビ等は湿度が高いことを好むため、
これが部屋の花粉と合体して一種のアレルギー反応を
起こしてしまうケースもあるのです。

スポンサードリンク

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す