ほくろが多いのがコンプレックス!増える3つの原因と理由とは?

s_80cb6506-5a92-41dc-a8e1-d8f1ce8b5661

「ほくろが多い原因は3つある!?」

人間であれば誰にでもあるほくろ。ですが、生まれつきほくろができやすかったり、顔の目立つ場所に大きなほくろがあったりすることでコンプレックスを感じている人もいるのではないでしょうか?

事実、私も生まれつきほくろが多いことがあり、小さい頃から「なんで私はこんなにほくろが多いのだろう?」とずっとコンプレックスを持っていました。

そんなホクロですが、そもそも一体なぜできるの?なぜ増えるの?その原因をまとめてみました。

スポンサードリンク

理由1.遺伝

 

ほくろは遺伝するとも言われています。
もちろん、親と同じ位置に同じほくろ
ができるという単純な話ではありません。

ほくろができやすい体質が
遺伝するということです。

 

実際、私も親がほくろのできやすい
体質だったため、私も比較的
多い傾向にあります。

また、兄弟も同じようにほくろが
多く、顔に2~3個あります。

 

そのため、両親のうちどちらかが
ほくろのできやすい体質であれば、
遺伝する可能性は高いと思って
おきましょう。

 

理由2.紫外線の浴びすぎ

 

人の肌は紫外線を浴びると、
メラニンが生成され、紫外線を
吸収するようになります。

紫外線が吸収されると、肌の
色が変わってしまい、日焼けを
してしまうわけですね。

 

ここまではとくに問題ありません。

 

しかし、紫外線を浴びすぎたり、
なんらかの理由でメラニンが増えすぎると
それがほくろになってしまいます。

そのため、紫外線の強い夏場などは
とくに、紫外線をカットするための
日焼け止めクリームを塗ったり、
日傘をさすなどして、対策を
取る必要があります。

 

理由3、ストレス、生活習慣の乱れ

 

実はストレスや生活習慣の乱れも
ほくろを増やす原因になっています。

とくに女性は、妊娠中などに
ホルモンバランスが崩れがちなため、
ほくろが増えてしまうことがあります。

そのため、できるだけストレスを
ためない生活をこころがけ、
ほくろを増やせない工夫を
することが大切ですね。

ほくろが増えた時の対策

残念ながら一度できてしまった
ほくろが、ある日突然消えて
なくなってしまうことは
ありません・・・。

 

しかし、ほくろを増やさない対策を
行うことは誰にでもできますね。

以下、その対策になります。

 

■紫外線を浴びすぎない
■ストレスを溜め込まない
■刺激を与えない

 

■紫外線を浴びすぎない

よく勘違いしている人がいますが、
太陽光を浴びるのは悪いことでは
ありません。

太陽光は人間が健康に生きていく
上で絶対に必要なものですし、
適度に浴びることで骨も丈夫に
なります。

しかし、度を越えすぎて紫外線を
浴びすぎるとメラニンが増え、
ほくろが増えてしまう原因に
なります。

そのため、外に出るときは
必ず日焼け止めクリームを
塗り日傘をさすなどして
紫外線から肌を守りましょう。

 

■ストレスを溜め込まない

ストレスを溜めすぎると
知らぬ間にほくろが増えて
いることがあります。

そのため、日頃から適度な
運動を心がけるなどして、
できるだけストレスを発散
するようにしましょう。

 

■刺激を与えない

皮膚の同じ場所に刺激を
与え過ぎるとほくろになって
しまう恐れがあります。

また、できたほくろをとろうとして
こすったりする人がいますが、
それは絶対にやってはいけません。

 

ほくろは皮膚の奥に根っこを
はっているため、表面だけ
剥ぎ取ってもとれることはありません。

刺激を与えるとむしろ濃く
なってしまう恐れがあります。

 

 

まとめ

 

ほくろって嫌ですよね(´・ω・`)

目立つところにあるほくろだけでなく、
加齢とともにできる小さなほくろも
気になるものです・・・・。

 

しかし、今ならお手軽にほくろを
とることもできますよ。

近くの皮膚科や形成外科にいけば、
安ければ、5000円以内でほくろを
とることができるので、

気になるかたは一度病院に
いかれてみてはいかがでしょうか?^^

スポンサードリンク

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す