曇りのほうが紫外線が強いのは本当?日焼けの雑学!

「曇りの日でも紫外線は強力です!」

曇りだからといって、「紫外線対策」を疎かにしていませんか?
「紫外線は晴れの日だけ降り注ぐもの」と勘違いしているのなら
それはちょっと危険です。

実は、紫外線というものは天気に関係なく、朝でも夜でも室内でも
たっぷりあなたのお肌に降り注いでいるのです。

曇や雨だからといって油断していたら、大切な大切なお肌が
いつの日かボロボロになってしまいますよ。

今回は、そんな紫外線対策にまつわる豆知識をお伝えしていこうと思います。

スポンサードリンク

紫外線は晴れの日より曇りが強いって本当?

 

紫外線というと、冬よりも夏。曇りの日より晴れの日が
強いということが一般的に知られていますね。

しかし、中には、晴れの日より曇りの日のほうが紫外線が強い
んじゃないか?という意見もチラホラと・・・

果たしてこれは本当なのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、
これはウソになります。

まさか晴れの日よりも曇りの日の方が紫外線が強い。
なーんてことはありません。

実際、気象庁のページでも紫外線に関しては、
こんなことが書かれています↓↓

 

快晴の時に比べると、うす曇りの場合は約80~90%、
くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の紫外線量になります。

 

ただし、曇りの日だからといって、油断はできません。
晴れの日の紫外線量を100%として計算した場合、
曇りの日でもなんとその60%が降り注いでいるのです。

 

例外もある

 

ただし、例外的に曇りの日でも晴れの日の
紫外線量を超えることがあります。

とくに雲の間から太陽が出ている場合、雲からの散乱光が加わるため、
晴れの日を上回る紫外線量が観測されることがあります。

おそらくこの情報が原因となり、
「晴れの日よりも曇りの日のほうが紫外線が強い。」
という誤った情報が流れてしまったのですね。

 

もちろん、こういったケースもあるのですが、基本的には
晴れの日のほうが紫外線量は多いと思っておきましょう。

とはいえ、もちろん曇りの日でも紫外線対策は欠かせません。

また、年間で紫外線量が最も多くなる時期は、6月~7月頃だと
言われています。意外かもしれませんが、夏本番よりも少し前の時期から
紫外線のピークを迎えているということですね。

綺麗なお肌を守るためにも、こういったことを頭の片隅に
いれておいてください。

スポンサードリンク

 

まとめ

 

■晴れの日より曇りの日の方が紫外線が強いのはウソ。
■ただし、一部例外もある。

以下、紫外線量のまとめです↓↓

快晴・・・・100%
晴れ・・・・95%
薄曇り・・・90%
曇り・・・・60%
雨・・・・・30%

 

曇や雨の日でも紫外線は常に降り注いでいます。
また、紫外線をたくさん浴びすぎると肌がボロボロになるだけでなく、
シミやシワの原因となってしまいます。

いつまでも若々しいお肌を守るためにも、紫外線対策は
年中、どこでも怠らないようにしましょう♪

スポンサードリンク

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す